ホーム>全ての記事>色鉛筆画の下絵の作り方/写真のトレースをどうやってするか

下絵を本番用の紙にかくとき、下の2つの方法があります。

  1. 本番用の紙に直接下絵を描く
  2. 別の紙に下絵を描いて本番用の紙に転写する

1の直接描く方法は、アクリルガッシュなど下絵の線が彩色する際に消える画材であれば良いと思います。
でも色鉛筆画の場合、下絵の線は最低限で、薄い方が仕上がりが綺麗です。
なので、2の別の紙に下絵を描いて、その下絵を本番用の紙に転写するという方法をとるのですが、この方法がいろいろあります。

私が普段どのように下絵を作っているのか、このトマトの絵を描く過程で紹介したいと思います。

タブレットを使う

私は写真をトレースして下絵にしています。
そのような場合、元の写真を実際に描く大きさにして印刷しなくてはいけません。
私は自分のプリンターを持っていないので、印刷する時はいつもセブンのネットプリントを活用しています。
なので、下絵を作る度に印刷するのはとても手間になってしまいます。

そこで私はタブレットを使っています。
色鉛筆画は大体大きくてもA4サイズ以下なので、タブレットの画面サイズでも十分下絵を作ることができます。

色鉛筆画の本にはだいたいトレースの方法がのっていますが、タブレットを使う方法はまだ見たことがありません。やっている方はいると思いますが。

タブレットのいい点は、拡大縮小が自由自在にできるところと、タブレット自体がトレース台の役割をしてくれるということです。

拡大して印刷しても、イメージした大きさにならずに結局何回も印刷する、ということはよくあります。タブレットなら本番の用紙のサイズに合わせて感覚的に拡大縮小できてしまいます。

また、写真をトレーシングペーパーに写す時、トレース台、もしくは窓ガラスなどを使って転写するのですが、タブレットの画面の明るさを最大にして部屋を暗くすればそれができてしまいます。

タブレットをお持ちの方はこの方法が効率的で良いと思います。

用意するもの

  • タブレット
  • トレーシングペーパー
  • マスキングテープ
  • シャープペン

トレーシングペーパーに写す

  1. 本番用の紙に描く大きさに写真の大きさを調整 する
  2. 画面に合わせてトレーシングペーパーを置き、マスキングテープで固定する
  3. タブレットの画面の明るさを上げてみて、それでも写真が見にくいようだったら部屋を暗くする。
  4. シャープペンで軽くなぞって写していく。※強くなぞるとタブレットの画面を傷つけてしまいます。

写した線の裏側をさらになぞる

  1. 写真を写すことができたら、トレーシングペーパーをタブレットからはがして、 裏返す。
  2. 先ほど写した線をシャープペンでなぞる。(ここでなぞる線が本番用の紙に転写されます。)

本番用の紙に転写する

  1. タブレットで写した面を表にして、本番用の紙にマスキングテープで固定する。
  2. シャープペンで軽くなぞっていく。

一円玉で下絵を上からこすって転写するという方法もあります。一円玉だと、どこが写ってどこが写っていないかわかりずらいため、私は線をなぞる方法でやっています。

うっすら線が転写されました。
この線は消しゴムで簡単に消すことができます。

まとめ

色鉛筆画の下絵のポイントは、うっすら形が把握できる程度で大丈夫です。
私はある程度、下絵がいらないぐらいまで描き進めたら下絵の線を練り消しゴムで軽くたたくようにして消してしまいます。
下絵は後で消すものと意識して下絵を描いていくと力が抜けて、ちょうど良い濃さになるかと思います。

今回ご紹介した方法は、タブレットがないとできませんが、小さなポストカードサイズぐらいの絵でしたら、スマホの画面でもできてしまいますので、ぜひ環境が整っている方は試してみて下さい。

ゆうみ
ゆうみ
次はこの三原色でトマトを塗っていきまーす!